Kaaburi Pass Fuji view

 この写真は顔振峠からの風景。薄っすら富士山がみえます…(ほっこり)。
 先週末は絶好の自転車日和だった。9月28日、奥武蔵の峠を満喫。奥武蔵グリーンラインは意外にあっという間だった。最初の北向地蔵までは勾配がきつくてやられてましたけど、北向地蔵から先はアップダウンで精神的に楽だったかな。定峰峠に着いたときは「もう終わり?」と正直思った。登ってる時はあんなに苦しいのに、何故こう思うんだろう…不思議だ。9月29日は七重峠にアタック。山々に囲まれた谷間に、蛇行する道が連なり、縫うように民家を駆け抜ける…ではなく、のろのろと登っていく。僕的に好きなコースだったけど勾配が少しきつい。程よく登ったところで集落を抜けると人気のない森になる。「熊出没注意」の看板が至る所に設置されていた。熊は本当にいるのだろうか…考えると怖い。この日は鈴を携帯していなかったので、恐る恐る登った。今後、鈴は必ず携帯しようと誓ったサイクリングでした。
 僕は熊本県出身。野生熊の生息地帯に足を踏み入れたことがない。九州では1987年に最後のツキノワグマが捕獲されて以来、25年以上その生存は確認されていない。熊の目撃情報はほぼ毎年、周辺自治体などに寄せられているらしいが、生息を裏付ける証拠は見つかっていない為、野生種の絶滅を認定している。しかし全国的に有名になった、ゆるキャラ「クマモン」はツキノワグマがモデルなので、現在では1頭だけ生息している…ことになるのかな?アハハ…
[PR]
by moccosupedal | 2013-10-02 18:37 | Soliloquy


moccosupedal metal gear rock(69)


by Jehannot

更新通知を受け取る