夏井川渓谷

夏井川渓谷の紅葉





 早朝の最寄駅で寒さに耐えながら自転車を輪行袋に入れる作業をしていると、颯爽とUさんがやってきた。珍しい小径車でカスタマイズされた自転車は格好よかった。Uさんの輪行支度の手際の良さに驚いていると駅のシャッターが開けられ僕たちはsuicaで改札を通った。
 始発のJR宇都宮線に乗り込み走り出した車窓から見える外はまだ暗く確認できない。各駅に電車が停まりドアが開けられる度に外の寒さに身震いした。間もなくして途中駅でNさんと合流し宇都宮駅で電車を乗換え東北へと向った。いつもの事だが長い電車の旅だ。決して苦ではない。初めて訪れる東北のライドを楽しみにしていたからだ。やがて日は昇り車内に眩いばかりの日差しが射していた。ぽかぽか陽気に眠さを隠しきれずあくびがでる。のどかな風景を長いこと眺めたのち僕たちは福島県JR鏡石駅へと着いた。
 suicaで改札を出ようとすると赤いランプで警告音が鳴った。ここは東北圏内で同じsuicaでも関東圏のsuicaは使えないみたいだ。Uさんが窓口で事情を説明してくれた。現金で支払い紙切れを貰った。また乗車する際にsuicaと一緒に窓口で手続きすればいいらしい。軽いアクシデントだったが輪行の旅にはつきものだ。

 鏡石駅を出発し僕ら3人は乙字ヶ滝(おつじがたき)を目指した。何も遮るものがない景色を堪能しながら走るのは癒される。そして複数で走るのもまた嬉しかった。阿武隈川(あぶくまがわ)に着いたものの車道から乙字ヶ滝は確認できなかった。駐車場に自転車を置き奥へ少しばかり歩くとその滝はあった。

乙字ヶ滝-おつじがたき

 乙字ヶ滝がある阿武隈川沿いには「みちのく自転車道」がある。この道を通って阿武隈川を眺めながら走るのは最高だった。途中右手の線路を横切ってゆくらしい。踏切手前で「電車が通るといいね」と話していると踏切が鳴り始め本当に電車がきた。カメラを取り出すのに時間を要しシャッターチャンスに間に合わなかった僕は踏切を渡るお二人の写真を撮らせてもらった。

踏切

 踏切を渡り傾斜に建ち並ぶ集落を登ってゆくと県道141号線に出た。しばらく走ると国道49号線(新町街道)を右折。国道はやはり交通量が多い。走るにつれて緩い傾斜になっていった。国道から地方道13号線(小野田母神線)に入ると少し登りが続いた。
 僕は登ってくる二人の写真が撮りたくて先頭を行くUさんに事情を説明し二人を置いて頑張って先を急いだ。登った先から二人を撮るはずだったが…後ろからNさんに激写されていた(笑)。自分自身が自転車に乗っている姿を写真におさめたことがなく(勿論一人旅ではどうしようも撮れない)初めて自分の写真を撮ってもらえた事はすごく嬉しかった。Nさんに感謝。

僕と坂道

 小野町役場あたりを過ぎ、地方道41号線(磐城街道)を走った。道沿いには磐越東線(ゆうゆうあぶくまライン)が通っていて、渓谷と線路と車道のコラボレーション的な風景を眺めながら心地よく走った。
 そうこうしているうちに夏井川渓谷に辿り着いた。そそりたつ岸壁と紅葉の絶景だった。周辺は道が狭いわりに車が多く行き来し、道沿いの木々に染まる紅葉に多くの見物客や写真家たちがカメラを向け賑わっていた。僕らもまた同じく真っ赤な紅葉に見惚れてはカメラを向けた。今回の旅のメインなだけに長い時間紅葉を楽しんでいた。少し先を行くと籠場の滝(かごばのたき)があったが、滝の顔が遠くからしか見れなかったのが残念だった。

夏井川渓谷-西日の紅葉

 旅のメインを後にするとあとは帰るだけだ。それもまた淋しいので海まで行こうということになった。いわき市に近づくにつれ交通量も多く渋滞し始めた。小名浜港(おなはまこう)までの旅路を急げと言わんばかりに真っ赤な夕日が僕らの背中を照らしていた。僕は海に沈む夕日をみたい思いでペダルを回していた。ここ最近の旅では天候に恵まれず夕日をみる機会がなかったからだ。その思いも空しく小名浜港に着いた頃には日は沈んでいた。残念だったが薄らオレンジ色がかった空が小名浜港を幻想的な空間にしていた。そして東の空には待ちきれない月が薄っすらと輝き、夜のとばりが下りはじめていた。体感的には18:00ぐらいに感じたがまだ16:00を回った時刻だった。帰宅後にわかったのだが堤防裏には「アクアマリンふくしま」があった。東北最大の水族館らしい。知らなかった僕は綺麗な大きな建物があるなとひとり思っていた。

小名浜港

 泉駅まで残り数キロを車道にライトを照らしながら走った。駅に到着し輪行支度を済ませて鏡石駅でもらった紙切れとsuicaを窓口で手続きしてもらい改札を通った。今回の旅も事故もなく無事終えることができた。何事も安全でなければ楽しめない…と旅を終えた時にいつも思う。
 そして僕たちは帰りの電車のボックスシートで自転車話しで盛り上がり帰路に着いたのは言うまでもない。


今回お世話になったNさんのブログはこちら
(文章が素晴らしく読み応えがありますよ)

今回お世話になったUさんのブログはこちら
(小径車が格好良く旅ブログも勉強になりますよ)


夏井川渓谷
http://goo.gl/maps/ddvRy



2013-11-16

鏡石駅~乙字ヶ滝~夏井川渓谷~小名浜港~泉駅
-------------------------------
走行距離 103.08km
獲得標高 569m
最高標高 566m
-------------------------------
[PR]
by moccosupedal | 2013-11-18 20:26 | Cycling


moccosupedal metal gear rock(69)


by Jehannot

更新通知を受け取る